まー読んでブログ

イオンの『ときめきポイント』とは



イオンときめきポイントを知っていますか?

イオンは、知名度もあるので、知っている人も多いかと思いますが、このときめきポイントについて解説していきます。

イオンときめきポイントとは、イオンカードを利用した際に貯まるポイントのことを「ときめきポイント」と言います。

利用額が200円で1ポイント貯まります。

このポイントは、どの場合に貯まるのか見ていきましょう。


イオンカードで買い物をした場合


イオン系列やその他のお店でイオンカードを使用して買い物をすれば、イオンときめきポイントは、貯まる仕組みになっています。

利用額200円につき1ポイントが付与されます。

ここで例を出すと・・・

20,000円のブーツをイオンカードで購入した場合、この30,000円÷200円×1ポイント=150ポイント貯まります。

家賃の支払いの場合


家賃でもイオンカードは、使えます。

ここでも基本は、200円で1ポイントン計算になります。

毎月の家賃をイオンカードですと、とってもお得に貯まりますね。

ここでも例を出すと・・・

月に9万円の家賃だとします。90,000円÷200×1ポイント=450ポイント。

年間にすると5,400ポイントにもなります。



公共料金等でイオンカードをで支払った場合


水道、電気、ガス、電話(固定・携帯)などの公共料金をイオンカードで支払うこともできるんです。

これも基本の考えは、200円=1ポイントになります。

また、ここでも例を出してみます。

水道料金:毎月3,000円(15ポイント)

電機料金:毎月10、000円(50ポイント)

ガス料金:毎月6,000円(30ポイント)

固定電話料金・インターネット代金:毎月4,000円(20ポイント)

携帯料金:毎月10,000円(50ポイント)

これを計算してみます。

毎月(3,000円+10,000円+6,000円+4,000円+10,000円)÷200円×1ポイント=165ポイント貯まります。

これを年間に計算しますと1,980ポイントが貯まる計算になります。

これは、かなり大きいです。



注意点としていくつかときめきポイントの付与される条件があるので、詳しく見ていきます。

ときめきポイントについて


1・ときめきポイントの計算は、ご利用1件ごとに計算します。

2・カードの「リボリング払い」・「分割払い(2回払い除く)」ご利用分は、200円(税込)ごとに1ポイントになります。

3・分割払いの2回払いは、200円(税込)ごとに1ポイントになります。

4・「ボーナス一括払い」ご利用分は、指定された支払い月(1・7・8・9月)に加算します。

5・「ボーナス2回払い」ご利用分は、1回目の支払い月(1月または8月)に加算します。

400円ごとに1ポイントになる場合があります


1・JR東日本でのご利用分(みどりの窓口、びゅうプラザ、券売機、VIEW ALTTE(ビューアルッテ)でのSuicaチャージ分、モバイルSuicaなどを使用した場合)。

2・SMART ICOCAのクイックチャージに関して利用した場合。


ポイント対象外の場合


1・「キャッシング・ローン」、「集金代行」に関わるお支払い分に関して。


ときめきポイントの獲得期間・応募期限について


ときめきポイントの応募期限があるので、注意してください。

ポイント獲得期間:誕生月11日~翌年誕生月10日

ポイント応募期限:ポイントの獲得期間開始日の翌々年誕生月末日

ここで例を出して説明します。

【例】2月が誕生月の場合

誕生月 2月11日

ポイントの付与 2月25日頃

ポイント獲得期間:翌年2月10日

応募期限:2月25日~翌々年 2月末日



ポイント獲得できない場合があるのでここに書いておきますので、しっかりと確認してください。

ポイント対象外の場合


1・イオンJMBカード、ソフトバンクテレコムカードなど一部対象外となるカードがございます。

2・WAONのクレジットチャージ・オートチャージは対象外です。

3・応募期限後や999ポイント以下でのご応募は無効となります。

4・脱会された場合、またはお支払いが遅れるなど会員規約を遵守いただけない場合、お申込みをお受けできません

以上の4点は、気を付けてください。

まとめ


ときめきポイントは、日常生活において、色々な場面で貯めることのできるポイントです。

今、現在、毎月の支払いをイオンカードに切り替えさえすれば、毎月、ときめきポイントをゲットできるチャンスがあるので、切り替えちゃいましょう。