まー読んでブログ

検索の達人

・意外と知らない便利な検索の使い方

みなさんはどんな場面で検索サイトを利用しますか?

医療関係者の友人は医療機器の添付文書を検索する事が一番多いと言っていましたし、最近転勤した別の友人は新しい街の定期代がいくらなのかを検索したと言っていました。



 

ちなみに私が最近検索したのはカラオケで歌ってみたい曲の歌詞です。

人によって検索している事は全く違うと思いますが、目的のものを探したいという考えは同じだと思います。

ただ、目的のものを探すためにはちょっと変わった検索方法をする必要があるかもしれませんし、余計な検索結果を排除しないと目的のものを探し出せない事もあるかもしれません。

利用する検索エンジンなどによって検索結果が変わってくるでしょうし、検索って結構難しいですよね。

ここでは基本的な事を中心にですが、検索の便利な使い方を書いていこうかと思います。



 

・googleのツールを利用してみる

googleで検索したときにツールというところをクリックしてみた事はありますか?

検索をすると、多くの検索サイトでは検索ワードと関連性の高い検索結果が並びますが、あくまで関連性の高さが中心で、検索結果の中には数年前の結果が表示されたりよくわからない言語のサイトが表示される事もあると思います。

その悩みを解消してくれるのがこのツールというもので、クリックすると検索するサイトの言語、サイトの更新期間の指定、検索ワードの完全一致などの条件設定が出来るようになります。

例えば今週起きた事件を検索したい時にツールで期間指定を1週間にする事で今週更新されたサイトだけを検索結果に表示する事が出来るわけです。



 

・セーフサーチをONにする

最近多くの検索サイトにあるのがセーフサーチです。

セーフサーチとはどのようなものかというと、ポルノなどを検索結果から除外してくれる機能です。

検索サイトで「アダルト」などで検索してしまうと、アダルトサイトが検索結果に表示されてしまう場合があるのですが、これを利用する事でアダルトというワードについて説明しているサイトなどが上位に表示されるようになります。

元々は子どもなどに教育上良くないものを見せないようにするための機能のようですが、ビジネスなどで検索機能を利用する場合にはポルノを表示する必要がないので、これをオンにしておくと便利かもしれませんね。

 

・検索候補が邪魔になる

検索サイトを利用していると、ある単語を打ち込むとそれと関連性の高いワードが候補として表示される事があると思います。

それだけならまだ良いのですが、自分が以前に検索した時の関連ワードも一緒に表示される事がありますよね。

もしこれが邪魔になっている場合は、単語を打ち込んだ後に出る候補の横に「削除」と書かれている部分をクリックしてあげると検索結果の関連ワードとして表示されることはなくなります。

これは検索履歴を消してもなくならない場合があるので、そうなった場合にクリックしてあげると良いのではないでしょうか。

 

・もっと便利な方法はたくさんある

いかがでしたでしょうか。基本的なものだけなので知っている人も多かったかもしれませんが、もっと便利な検索方法はたくさんあります。

もし興味があればここで紹介した方法も使って検索してみてはいかがでしょうか。