子供用の自転車 子どもの安全を考えた自転車ガイド

子供用自転車の選び方

さあ、自転車デビューです。
自転車に乗ることは、子供がぶつかる壁であり、このことで自信を無くしてしまう事も少なくありません。

 

乗れた!出来た!

 

この体験をスムーズに出来るかどうかは自転車選びにかかっています。

 

1、サイズが合っていること

 

親も一緒になって外見、フォルムで選んではいけません。
足の長さ、こどもの技量をしっかりと見極めましょう。

 

  • まずは、またがってつま先が付くかどうかを確認してください。
  • 乗り降りに問題がないかチェックしてください。
  • スタンドはしっかりと立てることができるでしょうか?
  • 自転車が重すぎることはないでしょうか?
  • ブレーキが握れるでしょうか?

 

2、まっすぐに走る

 

自転車に問題がないか確認できたら次は実際に走行します。

 

  • まず止まれるでしょうか?
  • まっすぐに走れるでしょうか?

 

3、カーブを曲がる

 

まっすぐに走った後は、カーブを曲がります。
右と左で、子どもによっては得意な方向が違います。

 

子どもの年齢と身長で考える

 

自転車のインチと年齢、身長の関係です。

 

12インチ〜14インチ 80cm〜105cm 2〜4歳

 

16インチ 90cm〜110cm 3〜5歳

 

18インチ 100cm〜120cm 4〜8歳

 

20インチ 120cm〜135cm 5〜9歳

 

22インチ 125cm〜140cm 6〜10歳

 

24インチ 130cm〜145cm 7〜11歳

 

26インチ 135cm〜160cm 8歳〜

 

足の長さ、手の大きさ、力など、多種多様な傾向にある最近の子ども。
しっかりとサイズを合わせてください。

 

自転車以外に必要なもの

 

ヘルメット、ひざ当て、肘当て、補助輪

 

乗り換える時期

 

膝があたる、足がしっかりとつきすぎるなど、成長に合わせて乗り換えるのが基本です。
体重の増加でブレーキが甘くなることもありますので、あまり長期に渡って乗り続けることは安全上、好ましくありません。

 

参考:楽天の自転車ランキング

 

★人気の自転車 楽天★

 

自転車保険エアーリンク

大きすぎる損害賠償が物議を醸し出ている 保険の質問