子供用の自転車 子どもの安全を考えた自転車ガイド

自転車保険の選び方 自転車事故保険が当たり前

自転車事故の損害賠償で9000万円を超えるケースが発生しています。
これはもちろん死亡保障になりますが、死亡でなくても重度の障害などのケースで、2000万円なども実際に起こっています。

 

このような背景からいまや自転車保険は当たり前の時代になりました。

 

自転車保険の取り扱い会社

 

日本損害保険協会(SONPO),セブンアンドアイ、ケガの保険 Bycle、三井住友海上、
あんしん損害障害保険『ちゃりぽ』、アクサダイレクト、エアーリンク、JCA自転車総合保険、
自転車保険エース、NTTドコモ、朝日火災、日本興亜損保、三井ダイレクト損保
Yahoo保険、三井住友VISA、コープネット保険、エース損害保険 など。

 

自転車事故の増加というよりも、自転車事故における損害賠償の金額の大きさを拝啓に保険加入者も増加しています。

 

自転車保険は各社、保障内容にそこまでの違いはないのですが、
お勧めしているエアーリンクの保険の場合、

 

月額 475円

 

自動付帯の保険(死亡・後遺傷害 100万円)

 

個人賠償 1億円

 

示談交渉あり
訴訟費用・弁護士報酬・仲裁和解調停費用を補償 

 

死亡・後遺傷害  425万円
※特典保険含め
入院1日あたり   4,000円
手術補償  2万円 / 4万円

 

共通サービス※1(サイクリングヤマト便等)

 

これだけの保障が付いています。

 

医療保険を500円下げてでも入るメリットは十分にあるでしょう。

 

怖いのは予測不可能な動きをする高齢者、幼児

 

成人相手の事故での賠償の大きさなケースもありますが、一番怖いのは子どもと高齢者ではないでしょうか。

 

これは実際の体験からですが、先日道路を歩いているお年寄りが、30cm前に迫るまで私に全く気付かなったことです。

 

冗談かと思いました。

 

子どもや高齢者は、私たちが思っているよりも視野がせまく、周囲に気づかないのです。

 

そればかりか、相手が転倒した際の打撲、骨折がもっとも怖いことです。

 

打ちどころ悪く、相手に障害が残ってしまった。

 

これは実際に起こってる事故のケースなんです。

自転車保険エアーリンク

大きすぎる損害賠償が物議を醸し出ている 保険の質問